【マイホワイトニング通信30】シェード

瓢箪山でプロによる本格ホワイトニングができるマイホワイトニングです☀️

もうそろそろ梅雨明けの時期が近づいているのでしょうか…

まだまだジメジメ蒸し蒸しした天気が続きますね😓

今日は歯の色のことについて書いていきたいと思います✨

ホワイトニングは歯の色を白くするためにするのですが、ホワイトニングをした皆さんが言うのが、施術後に色を見ても最初と変わったか分かりにくいと言われます。

そこでマイホワイトニングでは、最初の歯の色と術後の後の歯の色を規格写真として残しています🤳

この規格写真についてはまた書かせて頂きます😃

今日は、歯の色をホワイトニングをする前に、現在の自分の歯の色がどのような色をしているのかを測定するものについて書いていきます❗️

この歯の色の指標になるのがシェードガイドというものです。

このシェードガイドというものは、色々な歯の色の傾向によって分類しているものです。

16段階の明るさで分けてありますが、日本人の平均的な色がA3という分類のものになります。

マイホワイトニングでは、ホワイトニングをするときにはこのシェードガイドをご自身の歯の横に並べて、規格写真を撮らせて頂いています。

つまり術前のご自身の歯の色がどのような色だったのか、そして術後の歯の色がどうなったのか、このシェードガイドを用いて比べると非常によく分かります。

これは術前と術後で撮らせて頂きますので、施術後の違いが写真をみると一目瞭然で分かってきます💫

次回はこの規格写真について書いていきたいと思います。

【マイホワイトニング通信25】薬剤の違い①

皆さんこんにちは。

マイホワイトニングです!

今日は水曜日です!大阪は梅雨に入ったのでしょうか!?

最近どんより雨の日が多く、気持ちがすっきりしませんね☔️

こんな時に歯をすっきり白くしませんか?

そんな患者様を、マイホワイトニングはお待ちしております✨

前回から、セルフホワイトニングとプロによるホワイトニングの違いについて書かせて頂いております。

前回は大きく、プロでしか口腔内を触ることが出来ないので、施術において出来ることと出来ないことがあることを書かせて頂きました❗️

今回は薬剤について書かせて頂きたいと思います💊

ホワイトニングにおいて、重要になってくるのが何の薬剤を使うかということです!

実はこれも免許があるかないかで、扱える薬剤が変わってくるのです!

プロによるホワイトニングでは、漂白(ブリーチ)が出来る薬剤を使うことが出来ます。

実はホワイトニングでは大きく分けて、漂白(色を抜く)と色を浮かせる方法があります。

では漂白とは何か⁉️

イメージとして、お薬が歯の中まで浸透して、自分の歯そのものの色を抜くものと思って下さい⭐️

なので、歯の本来の色そのものを今よりも白く変えることが出来るのです。

白色のトーンを変えることが出来ると思って頂ければいいです。

これが、歯科医師と歯科衛生士によるマイホワイトニングでは行うことが出来ます!

マイホワイトニングでは、スタンダードホワイトニングというメニューがこれに当たります‼️

ブリーチで歯の色を変えたい!という方は、こちらを選んで頂ければと思います😊

ではもう一つの色を浮かび上がらせるものが何かは、次回書かせて頂きます。


【マイホワイトニング通信22】プロだと何が違うのか

瓢箪山で歯科医師と歯科衛生士による本格ホワイトニングができるマイホワイトニングです。

マイホワイトニングは近鉄瓢箪山駅降りて10歩にあるひょうたんやまヒロ歯科に併設しております。

なので、お電話の際はホームページ上の電話番号にかけて頂いて大丈夫ですが、対応の際に「ひょうたんやまヒロ歯科です。」と出てしまう場合がございます。

その際は、「マイホワイトニングのことで」と伝えていただければ、ホワイトニングの予約や相談に対応させて頂きますので、よろしくお願いいたします。

マイホワイトニングはプロによるホワイトニングを特徴としております!

これはどういうことかというと、基本的に医療従事者でなければ他人の口腔内を触ることは出来ません❗️

ホワイトニングは口腔内の状態を確認しながら、進めることが基本となってきます。

なので口腔内の知識をもち、そして日々口腔内をチェックしているプロによって正しく行うことが大事になってきます✨

そうすることにより、どのようなホワイトニングがどのように変化するのか、詰め物は色が変わらないのか、もっと白くするためにはどうしたら良いのかということに対応していけるのです🙂

もし、ちゃんとしたホワイトニングをしてみたい、はたまた話を聞いてみたい!

と思うようであれば、是非マイホワイトニングまでお問い合わせ下さい😄