【マイホワイトニング通信27】薬剤の違い【最後】

皆さんおはようございます。

瓢箪山駅前ひょうたんやまヒロ歯科に併設している、マイホワイトニングです!

そろそろ梅雨に入ったんでしょうか⁉️

以前から薬剤について連載で書かせて頂いています❗️

これまでプロのみが扱うことが出来る薬剤、その他で多く扱われている薬剤について書かせて頂きました💊

今回は、そのまとめを書かせて頂きたいと思います。

マイホワイトニングでスタンダードホワイトニングというメニューで使っている薬剤、そしてホームホワイトニングというメニューで使っている薬剤💉

これらが漂白(ブリーチ)の効果がある薬剤となっています❗️

この漂白のお薬の利点は、自分の歯の色そのものを変えることが出来るので、歯が前よりも白くなったと実感しやすいものになります☀️

欠点としては、やはり漂白をする分、歯がしみてしまったり、処置後すぐには色の着きやすくなってしまう嗜好品は避けて頂く必要が出てきます☔️

では続いて、一般的に扱われているホワイトニングの薬剤を使っているホワイトニングです💉

これが、マイホワイトニングではマイルドホワイトニングというメニューになってきます。

このお薬の利点は、低刺激なのでしみるという症状がほとんど出ません☀️

あとは嗜好品をすぐに摂取して頂いてもかまいません☀️

欠点としては、漂白ではないのではそのものの色を抜くことが出来ません☔️

つまり、自分の歯が白くなったと実感するより、艶やかさが出たというイメージを持って頂きたいと思います。

そしてどちらも共通して言えることが、タバコなどの嗜好品は色の後戻りがあるので注意して頂きたいということ💭

そして陶器のような真っ白な歯にしたい場合は、削って被せ物にしないといけないかもしれないということです💨

大雑把ではありますが、これが今までのまとめとなります。

どちらが良いのか、悪いのかということではなく、それぞれの特徴をしっかり把握して頂き、自分の目指したいものに近づくメニューを選んで頂ければと思います❗️

まだ話が分かりにくいと感じられる方は、是非ともマイホワイトニングまでご連絡下さい。

プロが施術しているマイホワイトニングでは、全員が知識を共有していますので、説明もしっかりとさせて頂きます。


【マイホワイトニング通信8】マイルドホワイトニング②

瓢箪山で歯科医師と歯科衛生士による本格ホワイトニングができるマイホワイトニングです。

前回のブログでマイルドホワイトニングについて少し紹介をさせていただきました。

今回はもう少し詳しく書いていきたいと思います。

このマイルドホワイトニングは本来持っている歯の色に戻すということを書きましたがどういうことかというと歯には生まれ持って小さな溝などが存在します。

そしてその溝や歯の表面は毎日の食事によってその溝や表面が着色していきます。

そして歯が少しくすんで黄色がかったような色に見えてくるんです。

このマイルドホワイトニングは、特殊な薬剤とLEDライトを使用することによってこの着色や汚れを浮かしていきます。

そして磨いてもらうことで歯を白く(元の色よりも汚れが浮くために白く見える)する方法です。

この方法は注意していただきたいのは自分の本来の歯の色以上には白くすることができないということです。

あとは白さを実感するまでに何回か回数を要する可能性があるということです。

自身の歯の色を超えて白くしたい場合は別のメニューを選択していただく必要がありますので他のメニューについても書いていきますのでお楽しみに!!

【マイホワイトニング通信7】マイルドホワイトニング①

瓢箪山で歯科医師と歯科衛生士による本格ホワイトニングができるマイホワイトニングです。

今回からは当サロンで行っているホワイトニングメニューについて書いていきたいと思います。

当サロンのメニューにはいろいろあるのですが、

まずは手軽に綺麗な歯を手に入れることのできるメニューから紹介したいと思います。

マイルドホワイトニングというメニューになります。

ホワイトニングというとしみる等のイメージがあるかもしれませんが、このマイルドホワイトニングは体や歯に優しい特殊な薬剤とLEDのライトを使って行うホワイトニングの方法です。

この方法は従来のホワイトニングの方法とは違って、全く痛みを伴うことはありません。

しかも一回の価格が非常にリーズナブルになっています。(4900円/回)

この方ワイトニングの方法はご自身の本来持っている歯の色を取り戻すためのメニューになります。

詳しくは次回書いていきたいと思います。