【マイホワイトニング通信25】薬剤の違い①

皆さんこんにちは。

マイホワイトニングです!

今日は水曜日です!大阪は梅雨に入ったのでしょうか!?

最近どんより雨の日が多く、気持ちがすっきりしませんね☔️

こんな時に歯をすっきり白くしませんか?

そんな患者様を、マイホワイトニングはお待ちしております✨

前回から、セルフホワイトニングとプロによるホワイトニングの違いについて書かせて頂いております。

前回は大きく、プロでしか口腔内を触ることが出来ないので、施術において出来ることと出来ないことがあることを書かせて頂きました❗️

今回は薬剤について書かせて頂きたいと思います💊

ホワイトニングにおいて、重要になってくるのが何の薬剤を使うかということです!

実はこれも免許があるかないかで、扱える薬剤が変わってくるのです!

プロによるホワイトニングでは、漂白(ブリーチ)が出来る薬剤を使うことが出来ます。

実はホワイトニングでは大きく分けて、漂白(色を抜く)と色を浮かせる方法があります。

では漂白とは何か⁉️

イメージとして、お薬が歯の中まで浸透して、自分の歯そのものの色を抜くものと思って下さい⭐️

なので、歯の本来の色そのものを今よりも白く変えることが出来るのです。

白色のトーンを変えることが出来ると思って頂ければいいです。

これが、歯科医師と歯科衛生士によるマイホワイトニングでは行うことが出来ます!

マイホワイトニングでは、スタンダードホワイトニングというメニューがこれに当たります‼️

ブリーチで歯の色を変えたい!という方は、こちらを選んで頂ければと思います😊

ではもう一つの色を浮かび上がらせるものが何かは、次回書かせて頂きます。


【マイホワイトニング通信24】セルフホワイトニング

皆さんこんにちは。

マイホワイトニングです!

今日は水曜日で瓢箪山の商店街は定休日の店が多く、街が落ち着いた雰囲気になっていますね。

そんな時に瓢箪山でホワイトニングを検討される時は、是非マイホワイトニングにお越し下さい。

マイホワイトニングでは歯科医師と歯科衛生士による本格ホワイトニングができます。

今日は、世にあるセルフホワイトニング(ホワイトニングバー等)とプロによるホワイトニングの違いについて書いていきたいと思います。

比べることが多すぎて、今回だけで書ききれるか分かりません💦

最近では、ネイルサロンや美容室でも「セルフホワイトニングを始めました」と書いてある看板を見受けます。

ではセルフホワイトニングとはなんなんでしょうか?

セルフという言葉が非常に意味深ではないですか⁉️

基本的には、他人の口腔内を触ることは医療従事者でなければしてはいけません。

つまり、免許を持ったプロでしか口腔内の治療や施術を行うことが出来ないのです。

しかし自分自身が、歯にお薬を塗り、光を当て、施術を行うとなれば、自己責任ですよね?

そのためセルフホワイトニングと書いてあるサロン等では皆さんの口に薬剤を塗布したり、機械を動かして口元に持って行って光をあてることは、重々各自で行うよう注意をされます。

なので、歯の清掃なども自分で行わなければならないんです。

専用の歯ブラシや歯磨き粉が用意され、各自で鏡を見て歯の汚れを取るということを行います。

そして手順を説明され、口角鈎などを自分で付け、歯に特定の薬剤を塗り、光を当てます。

そしてホワイトニングを開始する訳ですね。

これがセルフホワイトニングと言われるものです。

ではマイホワイトイングは何が違うのか、これは次回以降に書かせて頂きたいと思います。

実はセルフホワイトニングとマイホワイトニングの大きな違いとして、プロのみが扱える薬剤の違いもあります!

そのことは次回書かせて頂きたいと思います。